ウーマン

文書電子化をするなら外部の業者に依頼!社員に無駄な負担をかけない

小分けにしなくて済む

ファイル

企業での仕事では、パソコンツールで作成したプレゼン用の資料をメールで添付して他の社員に共有をすることが多いです。あるいは、チャットに飛ばして多くの社員に共有をするというところもあるでしょう。複数の社員に作成したビジネスのデータが共有できるメールやチャットのシステムがあれば、迅速に事業展開をすることが可能になるのは間違いありません。そのため、迅速にデータを共有できるメールやチャットシステムはビジネス活動では欠かせないツールであるのは確かです。しかし、使い勝手の良いメールやチャットシステムでも、大量の資料データをスピーディーに共有できるわけではありません。場合によっては、たくさんの資料データをたくさん送らなければならないときがあります。いくらメールやチャットでも一度に大容量の資料データを送ろうとすると、容量オーバーを起こしてしまい、上手く共有できなくなります。どうしても、今すぐたくさんの資料データをまとめて送りたいと思ったら、ファイル転送のサービスを利用するのがおすすめです。ファイル転送サービスを遂行する業者を利用すれば、月額料金500円前後で、最大50GB以上の資料データを任意の相手に送ることが可能です。リーズナブルに、たくさんの写真や資料データといったものをまとめて送れれば、いちいち小分けでチャットやメールで転送する手間が省けるようになります。しかも、ファイル転送サービスは保存期間が最大で10日間ほどあるので、届かないという場合にもお問い合わせすれば再度セキュリティロック付きで送信してくれます。